読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味方をしたいんだよね

誘惑の多い40代が幕を開けて2週間が経ったわけだけど、惑う間もなく時間に追われる(笑)

3足の草鞋はわたしには履きにくくて、主婦の草鞋はいっつも片っぽどっか行ってる。

母の草鞋は誇らしく重くて軽やか。
まだサイズが合わなくて靴擦れする。

Al-commuの草鞋はジャストフィットで心地い。
疾走して脱げないようにストラップもついてるからか「お仕事、楽しいんでしょう?」と足のメンテナンスをお願いしているメンターが言った。

あ、妻の草鞋・・・・履いたまんまバタンキュー。古い(´;ω;`)

 

できるだけ、ゆとりを持って、深呼吸しながら暮らそうと心がけているけど、どんどん溜まる疲労のせいか今朝は起き抜けから首肩に激痛。

今日は保育園だし、お弁当作んなきゃだし、夫におにぎりくらい作りたい・・・ってアレ?ご飯スイッチ入れたっけ?昨夜はお弁当の仕込みに時間がかかって・・・あぁ、なんて使えないわたし。

もぅいやだ。

痛いし。

眠いし。

使えない自分が嫌だ。

イヤイヤ言いながら2階に行くと、洗濯物を干してくれてた夫が「何をしたらいいの?」と洗濯物より優先度の高い籠姫のお弁当と朝ご飯を引き受けてくれる。

余計情けなくて、何をしたらいい?

の問いに、うまく返せなかった。

時間はどんどん減っていく、スムーズに動けるように上手にサポートしたいのに。

自分が嫌いすぎて、朝からのイレギュラー対応もスムーズな夫が恨めしくてつい冷たい言い方になってた。

「あのね、ぼくはね、あるかなちゃんの味方をしたいんだよね。だから、もっと優しく言ってね」

なんて金言。

 

あぁ、そうなのだ。
彼は味方なのだ。
青い鳥は家にいたみたいな、気持ちを何度も何度も味わう。

f:id:Al-KANAu:20170519224301p:plain

ミダス王と金の手。

触れるものがすべて金になってしまう哀しい王様のお話だけど。

このカード、物語を知らないわたしは宝物は自分の庭にあったって意味かと思ったんだよね。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。