愛を食べて生きる

今日は一日、夫に食事をお願いした。
ここのところ、わたしは本当に飢えていて、疲れていたから。
いつも食べる過ぎるほど飢えていたし、何も食べたくないほど疲れていた。

ふ、と「誰かが作ったご飯が食べたい」と思った。

夫の帰りに合わせて夕飯の準備をしながら、たいてい間に合わないんだけど、そう「わたしもこんな風に誰かにご飯を作ってほしい」そう思った。

今月から案件を4つ掛け持ちしていて、平日ランチもパンを齧ったり、食べなかったり、チョコレートやポテトだったり。温かいってだけでポテトがご馳走かと思ったほど「食べること」とないがしろにしていた。

わたしらしくないな。

土曜日の夜、疲れ切って気遣いもできなくなったわたしに夫が言った「何かしてほしいことある?」

「ごはん、作ってほしい。明日のご飯をお任せしたい。」

夫は言えば何でもしてくれる。
何買ってきて、何作って、何して。

だけど、「ご飯お任せ」は久しぶりだ。6年とか7年ぶり?もっとかもしれない。

わたしのために、何をどう作ろうか調べたり、わたしの動きに合わせて準備をしたり、わたしのために食材を調理して味を付ける。
夫が、わたしのためにそうして作った食事。

美味しいに決まっている。

幸せに決まっている。

やっと、久しぶりに生きている気がした。

愛されている気がした。

人は、自分のために作られたご飯を食べることで生きていると思う。

例えば不特定多数だったとしても「お客さんに喜んでもらうため」だって、わたしがお客さんならわたしのためだ。

だけど、大切な人のために作られたそれは本当に、代えがたい、いのちの糧。

今日は一日、仕事のことだけ考えて、時々息抜きに籠姫と遊んでご飯を食べて、とっても幸せな一日だった。

わたしの幸せを支えてくれる夫に心から感謝している。
ありがとうございます。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。