マザーリーフの葉っぱが落ちてきた①心を科学する

今日は朝からしとしとと雨。
1か月ぶりのマザーリーフセミナーに参加してきました。

マザーリーフは初出なので、マザーリーフのことも説明しなくちゃね。

マザーリーフはわたしのヒプノセラピーのお師匠でもある大塚智恵先生が主催されているお母さんのため(お父さんもウェルカム♪)のセミナー。
脳科学の専門家でいらっしゃる九州大学名誉教授で「ヒトの教育の会」会長の井口潔先生の知識と経験を踏まえて心と魂の専門家でいらっしゃるヒプノセラピーの第一人者の大塚先生が「子どもの心がどう育つのか、豊かにそだてるために・・・」を優しく分かりやすく伝えてくれます。
大塚先生は福岡で20年以上もヒプノセラピストとして活躍されているいわばスピリチュアルの方だけど大塚先生は井口先生との出逢いから医師会や大学教授とともに最新の脳科学も学んでいらっしゃって、そのお話をきくと「心と魂のことはスピリチュアルでなく、科学なんだ!」と理解できちゃう。

とにかく、そんな大塚先生から、子育てを「脳」という臓器の成長という視点を通して母親ならだ誰もが望むであろう「豊かな心」を育てるポイントを学べるという、子育てする大人の皆さん必聴のセミナーです。

そのセミナーが籠姫が生まれる少し前にスタートして、4年のブランクを経て先月9月にシーズン2が再開!1人目も2人目もオンタイムで学びながら子育てできるなんてラッキーとしか言いようがない。

 

再開2回目の今日は「子どもの心に眠っている母の愛」のテーマで、脳の仕組みと子どもとの関わりを学びました。

【脳の三大構造】

1)脳幹-「体」が生きる生命維持を司る爬虫類の脳[いのちの座]

2)大脳辺縁系-五感、感じる心、「生命力」を司る哺乳類の脳[感性の座]

3)大脳新皮質-知識、理性、判断、生きる「手段」を司る人間だけの脳[知性の座]

この辺りは義務教育で習ったし、自然科学好きなわたしにはwktkな分野で聞いてるだけで面白い。面白さを伝えるチカラがなくてごめんょ。さらに言うなら再開1回目の9月はニューロンシナプスの話で、すっごいテンション上がった💛

でこの脳だけど、育つ順番があるというのですよΣ(゚Д゚)!!
まず脳幹は生命維持に必要なので、胎児期からちゃんとあります。危機的場面で恐怖を感じたり、冷や汗かいたり動悸がしたりはこの脳幹のお仕事範囲です。
次がマザーリーフのお話のカギとなる、心や生きる力を司る大脳辺縁系・・・テキストにも使っている「ヒトを人間にするプロジェクト」発行の「こころのあゆみ」絵本のイラストでこの大脳辺縁系はピンク色に塗られているので、「ピンクの脳」と呼ぶことにしよう・・・ピンクの脳が次に発達していきます。発達のカギを握るニューロンはこの大脳辺縁系ピンクの脳で増殖し回路を巡らせシナプスを発生させることになります。ニューロン生産の準備は胎児期に終わっているんだけど、生まれた瞬間から主に乳幼児期の体験、外部刺激によって増殖してだいたい10歳くらいに完成してしまうという。ピンクの脳を育てる=ニューロンを増やすっていうのにも繋がりそう。
知性を司る大脳新皮質は赤ちゃんの時から薄っすらあるけれど、ここの育てかたも重要なよう・・・

f:id:Al-KANAu:20201022234720j:plain

脳の三大構造

頭を鼻梁に添って縦割りしたものを横からみるとこんな↑感じなんだけど、大脳新皮質はピンクの脳・大脳辺縁系に覆いかぶさるようになってる。で、賢い子に育てよう賢い子に育てようって、幼い頃から勉強ばっかりしてピンクの脳が育つ前に大脳新皮質が育ってしまうとピンクの脳が育ちにくくなってしまうという*1
そういうことなので、ピンクの脳が育つ10歳くらいまでの間にしっかり育ててあげようね!ということです( ´∀` )

どうやって!?はまだ次の機会に!!

次っていつ?って自分で思うけど(笑)頑張ります!
ともあれ、今日は今日中にアップできてよかったです。
ありがとう大塚先生、ありがとうアロマの先生、ありがとうわたし!

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
愛しています。

*1:+_+

5歳児が頭蓋骨削る手術するかも…って@籠姫

毎日毎日いろんなことが起きる。

わたしの腱鞘炎(正確にはドケルバン症)は病院を変えて良い先生に診てもらって現在は小康状態。日々の生活から「痛み」がなくなって快適です。

本当は、箱姫をヒプノバーシングで産んだときの素晴らしさとか、その後の入院したNICUでも修羅場とか、手の専門医O先生の素敵さとか、書きたいことはたくさんあるんだけど、たくさんあって追いつかない。

 

今日はタイトル通り籠姫のキアリ奇形のこと、これは残しておこうと思う。

 

籠姫は以前にも書いた通り「キアリ奇形I型」という脳疾患を持ってる。

小脳が脊椎に落ち込んでしまうもので、脳が圧迫されたりそのための麻痺などの症状がある場合がある。

姫の脳疾患が分かったのは姫が1歳半の頃で、幸い軽度。姫の場合は脳脊髄液の通り道の圧迫と脳室(脳の真ん中にある脳脊髄液が貯まってる?とこ)の拡大が見られた。脳室の拡大は脳自体を圧迫して良くないらしい。

軽度ということもあって成長に伴って…頭が大きくなれば脳の収まり具合が良くなって、軽快するかも…ということで経過観察。今年の2月に2回目のMRIを受けた。その時に「1歳当時から改善が見られない」こと「半年後に再度MRIで確認して変わらないようなら手術した方がいい」ことの説明を受けた。

そして、半年後。

先週MRIを受けて、今日はわたしひとりで検査結果を聞いてきた。

はい。

変化が見られない、ということで手術ということに。

 

で、わたしは前回、今回のMRIの検査や今日受けた手術についての説明を経て、未だM先生への信頼と安心感がない。全然ない。

なので、他の病院も受診してみようと思って紹介状をお願いしました。

 

今日はここまで。

次はわたしが医師に求める信頼と安心の基準やセカンドオピニオン、転院の手続きのことなど、わたしが経験したことを。

 

読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

禍はこんな風にも

一昨日、大叔父の訃報を受けました。

連絡をくれた兄から「絶対くるな!」って、そうは言ってもわたしだけでもと次女のシッティングのことを考えてたら、伯母から「絶対くるな!」って、クギをさされた。そして今日は従兄弟伯母(大叔父の娘さん)から更にクギ。

コロナが怖いから、だって。

うちはこどもが小さいから何かあったら大変よ、って分かるけど、なんとも辛い。

 


大叔父は30年前に鬼籍に入った祖父の弟さんで、わたしの名付け親。パパって呼んでた。わたしより10歳下の再従姉妹は「茉紀」。命名札見たときに、あ、本当は美紀って孫に付けたかったんだって思った。

5年くらい前に、祖父と父は血が繋がらないと知ったとき、祖父にも大叔父にも大叔母にも本当に可愛がられたからすっごく驚いた。そのくらい、分からないくらい、可愛がってもらった。

節目のお祝いお年玉、大学生で一人暮らししてた時は親かってくらい大叔母お手製ハンバーグとかコロッケとか送ってくれた。お礼の電話するたびに「パパが送れってうるさい」ってママが言うから代わっても「届いたんやな」って荷物のことしか言わなかった。

20歳過ぎても「嫁に行くまでは」、結婚しても「子供出来るまで子供」って言われてお年玉もお小遣いも貰って、娘が生まれてからは娘に引き継がれた。うちの夫がお気に入りで、行く度に美味しいご飯とお酒をよばれて、本当に楽しそうにしてくれた。「泰紀くんと飲むのが楽しみなんよ」ってママが言うから、帰省のたびに覚悟して、(めっちゃ食べさせられるし飲まされるから笑)胃薬準備して伺った。(ママももういない。)運転で飲めない時は「持って帰れ」って。ラガー大瓶5本を割れないように持って帰る方法に頭を悩ませた。そんなことが押し寄せて来る。

 


ねぇ、こんなに可愛がってくれた人の葬儀にも行けないなんて、なんて世の中なんですかね。自分が不義理で冷たい人間みたいで、本当にやり切れない。

仕方ないので、早くお線香あげれるように、早く緊急事態が解除されるように、仕方ないので、明日も引きこもる、しか出来ないなぁ。あとはお仏壇のお母さんにお願いするか笑

 


…てのは現実的じゃないから、みなさんに。

お仕事や諸々のご都合以外の見合わせ可能なお出かけや、旅行や帰省などはどうか控えていただいて、この緊急事態が早く終わるように、ご協力いただけると嬉しいです。

 

f:id:Al-KANAu:20200428073324j:image

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。

すっかり錆びついてしまった、わたし。

バネ指は少し早く訪れたホルモンバランスの乱れかな?とか。

産科医は浮腫のせいと判断して漢方薬を処方してくれた。

産めば治ると思っていたのに、治るどころか腱鞘炎を伴って酷くなるばかり。

痛いね。

「みきちゃんくらい元氣な産婦は見たことない」は友人まゆーみの言。

元氣だけど、相変わらず健康ではない。

年末からの気管支炎は弱めの処方薬のせいかいっこうに治らないし、ほとんど引きこもりでパストリーゼ撒きながら暮らしてるのにインフルエンザになるし、イナビルで痛みと悪寒は治ったけど、気管支炎は治ってないし!

ここまで免疫が落ちてるのはなぜだろう。

睡眠時間?実は夜も割と眠ってて4〜5時間は寝てる。土日は昼寝付き。

加湿器も新調したけど、1日に5リットルくらい追加する水はどこに行くんだろうかという疑問を持つくらいなんか乾いてる。

 

今年は「一大事」を掲げているんだけど、まずは健康を手にするために。

手首いたくて書き初めも出来てないや。

健康になったら、書き初めしよ。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。

栗の渋皮煮と運動会

たまたま立ち寄った、普段は行かないスーパーで「渋皮栗」なるものを発見!鬼皮だけ剥いてある。なんて素敵な(*´∀`*)🧡

 

この季節になると毎年思い出す「栗の渋皮煮」。

子どものころ、運動会には必ず作ってもらいました。「運動会のお弁当に入れて欲しいのある?」「栗の煮たやつ〜🧡」って。大人になって家を出てからも、お彼岸の帰省のときに「何が食べたい?」と聞かれると「渋皮煮🧡」と答えて作ってもらった。

幼少期はバブルだったので、両親共にお酒は飲まないのに、応接間にはいただきもののブランデーがたくさんあって、母は高価なブランデーを惜しみなく使って渋皮煮を作っていたから、こってり甘くて洋酒の風味の効いたなんだかゴージャスな渋皮煮の濃厚な味。

 

思いを馳せながら、お手軽栗に製菓用のお手軽ブランデーもどきを代用して初の渋皮煮作り。

レシピはネットから引っ張って。

 

渋皮栗からとは言え、時間はかかったしなかなかの手間。これは愛がなければなかなか出来ない!と断言。鬼皮剥きからしてくれてた母に改めてありがとう。

 

しかしてその出来は?

うん…う〜〜ん(・∀・)笑

なんていうか、軽くて、甘いけど、なんか違うものの出来上がり〜〜時間はかかったんだけどなぁ。

 

母にレシピを聞いておけば良かった。

母の手料理で忘れられないものは栗の渋皮煮以外にもいくつかあるけど、一緒に作ったこともあるのに、細かなレシピを教わったことはない。

食べたくなればいつでも食べられたし、いつまでもそうだと思ってた。

 

何度もトライするのが難しいメニューだけど、渋皮栗なんて便利なものがあるなら、母の味に少しでも近づけるべくまた来年も作ってみよう☆

高級ブランデーも買わんとね(・∀・)

 

とりあえず、この渋皮煮は日曜日の運動会に持って行きます❣️

 

f:id:Al-KANAu:20191010174353j:image

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。

 

 

羊水検査、の結果

羊水の採取から2週間、木曜日の朝イチに半休取ってくれた夫と一緒に結果を聞きに行きました。

 

18週の妊婦検診を兼ねていたから諸々測定してエコーで胎児の様子を確認。もぞもぞ動いて、心拍正常。頭囲や腹囲を測って表示される目安の週数が16週台なことが目に止まって気になる。もぞもぞ動く様子をゆっくり目に見た後、診察室へ。

前夜に速報としてFAXで届いたというそれは英語表記…(-_-)画像解説とか付いた正式版は後日郵送で届くそう。とはいえ記載された核型(染色体構造のタイプ)は見慣れたやつ。

【46,XX,der(1)t(1;6)(q44;q25.1)】。

籠姫と全く同じで、しばし目を疑う。想定したのはもっとめちゃくちゃな核型か21トリソミー(いわゆるダウン症)だったから。

なぜそう思ってたかは、また後日。

 

固まるわたしに医師が「どうするかよく考えてください。」中期中絶が21週6日までであること、この病院で対応可能であること、退院まで3日ていどはみておくことを確認するように告げる。わたしはやっと「決めたらどう連絡したらいいですか?」とだけ聞いた。受診予約して来院して、と。

お礼を言って診察室を出ると、助産師が追いかけてきて、赤ちゃんが何とか言う。(珍しい核型だから)これからどう育つとか詳しくは分からないとか何とか。「そんなことは知ってる。どう育つかはあなたより知ってる」言ったら涙が溢れた。

 

病院を出て、無性に珈琲が飲みたくて早くから空いてる喫茶店へ。運転しながら、「産みたい」と「育てるのは難しい」の間を行ったりきたり。「命の選別の是非」と「障がい者と分かって産むことの是非」の間でも揺れる。

ゆっくり座れるソファ席で夫と差し向かいに座って、さて。

 

産むことを決めました。

 

課題は

1)産褥期をどう乗りきるのかーヘルパーなどにお金を使う

2)家の中での移動・特に夫不在時の階段のくだりー籠姫のトレーニング+籠姫を抱いて赤ちゃんはスリングで

3)生活のタイムテーブルークライアントに乳児期は同伴OKをとれている。1歳以降は保育園(16時お迎えと18時お迎えの2段階)利用…籠姫の通う保育園へ要事前相談

4)就学期以降ー特別支援学校と放課後等デイサービスについての情報を共有

5)体力ー運動するしかないよね

 

はっきり言ってどれもお腹の赤ちゃんが健常児だったとしても同様の懸案。

就学期以降は育ち方を見て本人の意見も聞きながら選んで行くしかないのだし。そんなことも含めて、大きな違いはないと思えた。

 

産むことを想定して、クリア出来そうであれば産みたい。ただし、わたしからすると夫の協力と負担増が前提で、夫からしてもわたしの負担増=キャリアの再中断が前提。しかも籠姫が12キロ超えてからは抱っこがキツイ(><)腰が痛い(><)ことは特に心配のよう。

話して分かったのはお互い自分のデメリットは織り込み済みであること。

決断は夫に求めた。「どうするのがいいと思う?」「産むでいいんじゃない?」「そうだね、そうしよう」

 

そう決めただけで、ホッとしたというか、長い緊張が解けたように思う。妊娠が分かってからこの日まで、お腹の赤ちゃんに何と声をかければいいのかも分からなかったから。

 

まぁ、すぐに次のプレッシャーが当然来るわけだけど。

 

その日のうちに再度病院を訪れて報告ーきっと別の答えを出すと思われてたと思う。なんせ始めっから羊水検査と中期中絶についてしつこいほど質問したからね。経過順調であればこのままこの病院で産むことになる。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたの魂が自由でありますように。

心から愛しています。

 

f:id:Al-KANAu:20190630234055j:image

 

羊水検査

羊水検査、してきました。

賛否や結果についてのコメントはスルーしますので悪しからず。

 


42歳というハイリスク年齢だけじゃなく籠姫の染色体異常があるので、妊娠が分かった瞬間に決めました。まぁ42歳は早期流産率50%なので羊水検査可能な16週までいくのかという課題もあったけど。

本日16週0日。予定通り羊水穿刺(字面が怖いよね〜)。11時40分に受付して、エコーで胎児の様子と胎盤の位置確認。わたしはお腹側に胎盤があって、どこから穿刺するのかかなり悩まれました。わたしの体調のこととか問診を受けて、移動。わたしがお願いした病院では分娩室での施術?のようです。看護師さんとおしゃべりしながら先生待ち。12時20分くらいに先生が来られて色々開始。なんか看護師さんが多くてびっくり。エコー当てる担当と羊水を吸い上げる担当、ここまではまぁ分かる。他に3人くらいいた。新しい病院だし見学かなぁ。まずは痛み止め(部分麻酔?)をチクリ。チクリはこの最初のチクリがいちばん痛かった。それから吸引用の針を刺す…チクリはしないんだけど、痛い。鈍痛。変に力が入る…けどお腹に力入れるのも怖くてつま先とか指先とかキュッてなった。で、エコー画像で子宮内に針が届いたのが見えて、いよいよ吸引…が、なんと出来ない?え〜〜( ̄◇ ̄;)針の角度を変えるのにグリグリされる…これがなんとも鈍く痛い。頭上の看護師さんが深呼吸、深呼吸〜〜って言うから深呼吸笑。針が曲がって上手く吸い上がらないらしい。そして、刺し直し( ̄◇ ̄;)。チクリからの鈍痛。この鈍痛、決して耐えられない痛みじゃない、献血の針の方が感覚としては痛い。でもさっきより痛かったらどうしよう(><)っていう想いが先立って緊張する。なんせお腹突き通して子宮内まで針を刺すんだもん、よく考えたら狂気だよねぇ。そして2度目も針が曲がってしまった。子宮が収縮するせいで極細の針が曲がるのだって。「えっとわたしがもっと力抜いたらいい感じですか?」「いや、それは関係ないです。子宮のことなので。」「あ〜〜そうなんですね〜〜」。で、場所を変えてもう一度チクリ…頭上の看護師さんが深呼吸深呼吸ってうるさい。や〜〜もう、胎盤の位置とかで検査出来ない可能性とか、培養の都合で結果が出ない可能性とかは聞いたけど、針3回刺して羊水取れない可能性については想像もしてなくて、4回目って言われたら挫けそうだわ〜〜って、気がついたら歌ってた“Changes Far Away”。針が届くまでがやてら長く感じる。多分実際長かった。針の影の向こうに元気に動く胎児の手に「あんまり動かないでね〜〜」「こっちに(針と反対)に居てね〜」ってしながら、検査できなかった時のことが頭を過ぎる。羊水検査クリアせずに産む決断ができるのか?ほかの検査でもダメだろう。なんて残酷なアンビバレンツ。そして3度目の正直で羊水吸引成功。20ml。良かった。ホッとした。針を抜くときは3回とも分からないほど。想像だとお腹に刺したもの抜くって痛そうじゃない?痛くなくって良かった。跡にでっかいカットバン貼られて(2箇所)、エコーで胎児の様子を確認して終了。時刻はちょうど13時。お腹の張りを30分モニタして張り止めの薬と感染防止に抗生物質を飲んで受付でお会計(総額108,000円)して13時45分に病院を出ました(薬は1週間分出てます)。

 


で、なぜコレを書いてるかというと以下2点の注意を促したいから。余計なお世話かもしれないけど。


まず、太り過ぎ注意!当然だけどお腹の脂肪が厚いとその分針を深く刺す必要があります。それが想像段階で痛くて辛い笑。ちなみにわたしは最初のエコー段階で表皮から子宮まで3.5センチだったけど、3回目刺した場所は角度のせいもあり4.5センチ…4.5センチってお腹にそんな突き刺したくないじゃない。

それと、当日とせめて翌日までは予定のキャンセル。これも個人差あると思うけど、立ち上がった瞬間、お腹に力が入るし重力の関係なのか、痛い。お腹の張る感じと、針のあとのチクチク。無理せずゆっくり過ごすに越したことははいなぁ〜〜とすごく思う。明日は仕事出来る気がしない笑

 


羊水検査を受けるまで、42歳の早期流産率50%に比べたら、羊水検査による流産率0.3%はそれよりも…のリスクの高さもあり、あまり気にならなかった。早期流産と羊水検査起因の流産では性質が全く異なるけどね。

終了後、ひとり分娩室で時計を眺めながら、結果のことを思った。どうするかは始めから決めてるから、ただただ祈るばかり。涙がずっと出て、ハンカチくらい持って来れば良かった。

 

今日も読んでくれてありがとうございます♡
あなたの魂が自由でありますように。
心から愛しています。

 

Changes Far Away - YouTube